闇を受け入れること


私と夫は、性格が真反対。私がポジティブな側面を見ようとして生きている一方で、夫はネガティブな側面を見て生きている人。

私は、社会の闇の部分には無頓着で、のほほんと生きてきたようなところがありますが、夫は物心ついた時から「大人はみんな嘘をついている」と感じ、社会における闇の側面を探求し、破壊的な芸術を好み、ジャンクな食べ物を好んで食べて生きているような人。

そんな夫のことを、私は、なかなか理解できず、悪魔のように見えることさえありました。

しかし、昨夜、夫と話しながら、夫の良いところは何かなと、私自身の中を掘り下げてみると、「闇」というキーワードが…。

子供の頃から闇を直視しながら生きることは、彼なりの純粋さであり、愛であり、より強い光を見出すためのものだったんだと。

そのようなことが分かってきて、昨夜は笑いながら、眠りにつきました。

すべてにおいて、意味があって存在しているということ。

闇の部分も含め、丸ごと理解し、受け入れることで、初めて、全体としてのバランスが取れるのだということを、私は夫婦の関係性において、学んでいます。




p.s.写真は、散歩中に撮影した夫の影。


ちなみに、記事の内容と写真は、夫の理解のもと、本人の了承を得て、投稿しています。


12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示